English
博士风采
当前位置: 首页 > 师资队伍 > 博士风采

个人

简历

 

井芹 宁(ISERI YASUSHI),男,博士,特聘教授,日本国籍,海外引进人才。从事水源利用、富养化水体治理及生态环境管理的理研究和技发应38年,是日本国公的水境治理家,有日本国境省定的境技士、量士、调查士等水域中的多种2016年3月由日本文部省指定任命全国境研究与技导专调查员。本人担任日本国水境学会、土木学会等10余个学会学会委及有关社会职务,同也是日本国用生工学会、土木学会、水境学会等5个学会的稿人。独立承担和负责实施的国、国内科研与技发项目达百余,主要研成果包括:控制UV照射量的淡水藻及赤潮藻类理船;击喷射式藻水质净化装置;利用LED化底水技等,168,   在国国内学术杂100余篇文,在社会活及学术组织中多次获奖













1.     Y.IseriZ.KawabataM.Sasaki:   Development of a Boat Equipped with UV Lamps for Suppression of Freshwater   Red Tide in a Reservoir. Japanese Journal of Water Treatment Biology. ,Vol.29No.21993(査読付き論文)

2.     Y.   Iseri, J. TanoZ.   KawabataM.   Sasaki: Suppression of Dinoflagellate Peridinium bipes Bloom in a Reservoir   by Ultraviolet Radiation. Proc.Intern.Confer.Hydropower,WaterPawer'95,Vol.21995(国際会議)

3.     吉村佐,田嶋良一,斉藤暁樹,井芹寧:寺内ダム貯水池における水質管理の調査報告ダム技術,No.1141996(業界雑誌論文)

4.     井芹寧,川端善一郎,藤本健二,伊東通陽:紫外線照射によるPlankton   Control(プランクトンコントロール),用水と廃水,Vol.38No.41996(業界雑誌論文)

5.     井芹寧:五感で感じる河川の素顔,多自然研究,1997(業界雑誌に連載)

6.     井芹寧:水をめぐる話し,多自然研究,1997(業界雑誌に研究報告として連載)

7.     井芹寧:ダム貯水池における淡水赤潮とMicrocystis   bloomの発生機構及び対策について,九州技報,Vol.23,   1999(学術雑誌論文)

8.     井上徹教,井芹寧,長谷部崇,西元誠,小松利光渦鞭毛藻   Peridinium bipesの鉛直移動が栄養塩循環におよぼす影響,環境工学研究論文集,Vol.372000(査読付き論文)

9.     井芹寧,森雅佳,松岡陽子:閉鎖性水域における異常発生藻類の制御技術,資源環境対策,Vol.38No.112002(学術雑誌論文)

10.  井芹寧,森雅佳,松岡陽子,木俣勲,藤本健二,池田暁子,井関基弘:噴射衝撃による水質浄化Systemの開発,環境技術研究協会年次大会

11.  井芹寧,井上徹教,中茂義晶   ,馬場大哉,平島英恵,渋江吉之,小犬丸智明,小松利光:河口干潟における浅蜊(アサリ)生息底泥域の水質環境について,海岸工学論文集,Vol.502003(査読付き論文)

12.  井芹寧,森雅佳:Microcystisの増殖優位性に着目した生態的併用化防止対策,日本陸水学会,2004(議題講演)

13.  YIseriMNakamichiMMiyagawaSMaedaDevelopment   of a Red Tide Control Ship Equipped  with   a UV Irradiation System-Preliminary and Field Experiments on Harmful Marine   Algae. Proc. Intern.Confer.OCEANS'04   MTS/IEEE TECHNO-OCEANS'04, 2004(国際会議)

14.  矢野真一郎,齋藤正徳,井芹寧,小松利光:堰上流湛水域における滞留特性が浮遊性藻類の増殖に与える影響の評価-筑後川上流の湛水域における現地観測による検討-,河川技術論文集,Vol.112005(査読付き論文)

15.  井芹寧,石川泰助,平島英恵,矢野真一郎,小松利光:底質改良資材を用いた干潟環境の修復技術に関する基礎実験,海岸工学論文集,Vol.122005(査読付き論文)

16.  井芹寧,森雅佳:ダム貯水池の藻類集積特性に着目した生態的富栄養化対策,土木学会環境水理部会研究集会,2005

17.  井芹寧,矢野真一郎,石川泰助,齋藤正徳,河口洋一,島谷幸宏,緒方健,山崎正敏,清野聡子:   ダム維持放流量変化が河床付着生物膜形成に与える影響に関する現地調査,河川技術論文集,Vol.1220066(査読付き論文)

18.  酒井宏治,小熊久美子,蔵重直樹,井芹寧,森雅佳,金尾充浩,片山浩之,大垣眞一郎:低圧・中圧紫外線ランプ照射によるダム湖水中の藻類の増殖抑制,水環境学会誌,Vol.29No.32006(査読付き論文)  

19.  井芹寧:流域圏管理におけるPartnershipの重要性とNPOの役割,日本技術士会全国大会,2006(講演)

20.  井芹寧,井上徹教,小松利光:ダム貯水池における密度成層を活用した水質保全対策,応用生態工学九州地区発表会,2006

21.  井芹寧,堀田剛広,宮原勝則:LEDを用いた貧酸素水塊改善技術の開発-基礎実験結果-,日本応用生態工学会九州地区発表会,2006

22.  井芹寧:ダム貯水池生態系における動植物Planktonの分布及び移動の重要性,日本陸水学会,2006                              

23.  齋藤正徳,矢野真一郎,井芹寧,黨秀治郎,河口洋一,宮坂仁:筑後川上流(大山川)におけるダム湖由来の浮遊性藻類が鮎の採餌環境に与える影響,河川技術論文集,Vol.132007(査読付き論文)

24.  齋藤正徳,河口洋一,矢野真一郎,井芹寧,黨秀次郎,島谷幸宏,緒方健,山崎正敏,清野聡子:筑後川上流域におけるダム放流量増加が付着藻類に与える影響,水工学論文集,第51巻,2007(査読付き論文)

25.  井芹寧,宮原勝則,斉藤正徳,朴埼璨,朴王敬希:高機能化天然Zeoliteを用いた濁水及び富栄養化水の浄化の試み,土木学会西部支部研究発表会,2007

26.  井芹寧,松永信博,中牟田大嗣,矢野真一郎,押川英夫:納豆菌郡を封入した多孔質Concrete Blockによる畜産廃棄物汚濁水の浄化の試み,日本応用生態工学会,2007

27.  井芹寧,矢野真一郎,黨秀治郎,齋藤正徳,井芹葵,清野聡子:ダム下流河川における流況と付着藻類相の関係について   日本陸水学会,2007(Poster発表)

28.  井芹寧:栄養塩Fluxの生態的Controlによる富栄養化防止対策、日本応用生態工学会,2008

29.  K.   AsaiY.   IseriStudy   on Reduction Effect of Nutrients in LED Irradiation, 8th International   Symposium on ECOHYDRAULICS, 2010(国際会議

30.  朝位孝二,   井芹寧,   吉田貴博,   赤松洋介:発光ダイオード照射による底泥直上水の栄養塩の低減効果に関する基礎的研究,水工学論文集,第54巻,   pp.1513-15182010.2.(査読付き論文)

31.  Yasushi   Iseri, Takahiro Kuba, Aimin Hao, Yuxian Liu, Mingyang Zhang and Zhenjia   Zhang: Control of Freshwater Cyanobacterial Bloom Using Eco-Engineering   MethodsThe   4th International Symposium on the EAEP in Shanghai, 2010.9.(国際会議)

32.  矢野真一郎,吉海宏祐,井芹寧,林琳,黄偉,石原耕一:人工基盤上における河川付着藻類相の付着状況に関する現地実験,河川技術論文集,   16, pp.29-34, 2010.6 (査読付き論文)

33.  Yasushi   Iseri, Takahiro Kuba, Aimin Hao and Zhenjia Zhang: THE CONCEPTION OF   ECOLOGICAL DAM, The 5th International Symposium on the EAEP in Fukuoka,   2011.11(国際会議)

34.  矢野真一郎,黄偉,林琳,井芹寧,原川将人:筑後川上流(大山川)における小規模出水の付着藻類相への影響に関する現地調査,土木学会論文集B1(水工学),   Vol.68, No.4, pp.I_757-I_762., 2012.3(査読付き論文)

35.  Caixia   Kang, Aimin Hao, Yasushi Iseri and Takahiro Kuba: Metabolic and Antioxidant   Responses of Vallisneria asiatica to Different Concentrations of Dissolved   Inorganic Nitrogen and Phosphorus, Japanese Journal of Water Treatment   Biology, 50(3), 105-112, 2014.9 (査読付き論文)

36.  Caixia   Kang, Takahiro Kuba, Aimin Hao, Yasushi Iseri, Chunjie Li and Zhenjia Zhang:   Oxidative stress responses of submerged macrophyte Vallisneria asiatica to   different concentrations of cyanobacteria, Chinese Journal of Oceanology and   Limnology (SCI-E), 33(2), P.364-371, 2015.5 (査読付き論文)

37.  Caixia   Kang, Takahiro Kuba, Aimin Hao, Yasushi Iseri: Antioxidant Responses of   Vallisneria asiatica to Eutrophic Sediments in Lank Taihu, China, Bull Environ   Contam Toxicol, New York 2015, 2015.6 (査読付き論文)

38.  Yuxian   Liu, Aimin Hao, Yasushi Iseri, Chunjie Li, Zhenjia Zhang and Takahiro Kkuba:   Possible Survival Mechanisms Of Sinanodonta Woodiana Exposed To Microcystin,   Journal of JSCE, 3, 259-267, 2015.9 (査読付き論文)

39.  井芹寧,朝位孝二,郝愛民,原口智和,久場隆広: 発光ダイオード照射による枯死アオコ分解時における水質浄化効果, 土木学会論文集B1(水工学), 72(4), 631-6362016.3 (査読付き論文)




1.     士(建设环

2.     士(水道境)

3.     量士(度)

4.     量士(噪音、振

5.     境省督(市民)

6.     境省督(事业专业

7.     公害防治管理士(水一种、大气一种、噪音、振

8.     下水道施管理技士(3种)

9.     下水道施管理技士(管路)

10.  潜水士

11.  小型船舶驾驶1

12.  港湾海洋调查士(调查

13.  农业改良普及

14.  自然察指

15.  高中教师资格(理科1农业1

16.  中学教师资格(理科2

1.     「太湖の現状と未来可能性」,総合地球環境学研究所RIHN-China Study Series, No.3,松香堂出版,2014年3月28日.

2.     「中国太湖流域における水環境の保全に関する研究」,九州大学東アジア環境,   研究機構RIEAE,叢書,pp.27-87,花書院第1刷発行,2015327日.

3.     「九州産業支援ガイドブック」,九州の経済発展と技術士・学識者による産業支援にむけて,共著,一般社団法人九州産業コンサルタント協会,2013628日.

4.     「環境利水学」,土木学会水工学委員会環境水理部会,共著,丸善出版,2015年3月10日.

主要

研究

方向

1.     富营养化水体水质改善与生态修复技术的研发

2.     蓝藻水华发生机理研究与去除技术

3.     利用生物控制法控制藻类的研究

4.     废弃物与资源化利用

电子

邮箱

iseri@wzu.edu.cn

neiiseri@yahoo.co.jp